ゆっぴーブログ 書評・経済、金融知識・お得術などなど

金銭的自由を手に入れるための知識等をメインに書いていきます。 読書好きなので、オススメの本なども紹介していきたいと思います。 とにかく自由に書いていきます。

カードの分割払いで得をしよう! 利子がつかない分割払いとは!?

f:id:chishikinohiroba:20180701190317j:plain
どうも。 ゆっぴーです
今回は、カードの分割払いの利息について考えていきたいと思います。

この前、大きい買い物をしまして、一括で払うことが難しかったため、
分割払いをしようと思いました。

当然のことですが、分割払いをするということは
一度カード会社にお金を肩代わりしてもらうことを意味します。

借りたお金には当然利息がつくため、

借りた元本+利息

を支払う義務が出てくるわけです。

そんな当たり前のこと
誰でも知っていることではありますが、

実際、

利率をしっかり把握していなかったり
払っている金額のどのくらいが利息で支払っている分なのか把握していない

という人は非常に多いです。

というか、知ろうともしない人が多いのではないでしょうか。

知らないことは大した問題ではないんですが、
知らないと損をしているということだけは理解しておいて欲しいと思います。
『知らないことは罪』ではありませんが、
『知らないことは詰み』であり
『知らないと確実に損』をします。

逆に、多くの人が知らないのをいいことに、
そこで『得』をしているのがクレジットカード会社です。

あなたもクレジットカードへの知識を少しつけて
『あなたが得』をできるようになることがこれから生きていく上で
大切になると思います。

分割払いってどういう制度なの?

分割払いの基礎知識

f:id:chishikinohiroba:20180701185634j:plain
まず、分割払いの仕組みについて理解していきましょう。
お店で買い物をするとよく、「一括払いでよろしいですか?」
と聞かれることがあると思います。

基本的に、ある程度の金額であれば、「一括で大丈夫です」
となると思います。

この時もし、分割払いにするとどうなるのか?

分割払いとは、その文字が示す通り、
支払いの回数を分割して支払うということです。

例えば、
実質年率12.19%のクレジットカード(ヤフーカード)を利用して
2万円のものを購入した時に3分割払いにすると、

1ヶ月目 6,631円
2ヶ月目 6,698円
3ヶ月目 6,671円
計20,000円

となります。
実際は、ここにプラスで利息がつくので
支払額の合計は、

1ヶ月目 6,808円 (手数料)+177円
2ヶ月目 6,800円 (手数料)+144円
3ヶ月目 6,800円 (手数料)+87円
計20,408円

となります。

分割払いにすると手数料が発生してしまうんですね。

分割払いの年利や期間、分割できる回数などは
クレジットカード会社によって異なるので、

自分が使っているクレジットカード会社の

「〇〇(クレジットカード名) 分割手数料」

で検索をかけると出てきますので、
目を通してみると良いでしょう。

Yahoo! JAPANカード

の場合
「3回、5回、6回、12回、15回、18回、20回、24回、30回、36回、48回」
の中から選んで分割することができます。



実際に利子ってどれくらいかかっているの?

f:id:chishikinohiroba:20180701185716j:plain
カード分割払いの手数料は、
『100円あたりの分割手数料』
を知ることで計算できます。

では実際に、あなたが分割払いをした時に
どのくらいの利子がプラスで付いてくるのか、考えて見ましょう。

分割手数料の計算方法は

「支払い代金×100円あたりの分割手数料÷100」

で計算することができます。

先ほどの例同様、2万円の買い物だとすると、
「2万円×2.04÷100=408円」となります。



この408円を先ほどの2万円にプラスして
分割回数で割ると、あなたが支払うべき総額が割り出せます。

今回の場合は、3ヶ月で20,408円を支払えば良いことになります。

この仕組みがわかっているだけでも、
自分の1月に返済できそうな額と計算しながら
安全にクレジットカード を使えるようになりますね!

クレジットカードが使えるお店・使えないお店

f:id:chishikinohiroba:20180701193103j:plain
最近は、クレジットカード対応のお店も増えてきて、
クレジットカードがあれば、どこでも買い物ができてしまう。
そんな時代になりました。

しかし、まだクレジットカードに対応していないお店もいくつかあるのです。

クレジットカードで支払いをしようと思っていたのに使えなかった…
「まずいぞ…」とならないようここは押さえておきたいポイントですね。

クレジットカードが使えるお店

・コンビニ
コンビニは、ほとんどなんでも買えて、
今では生活に欠かせないお店になっています。

そんなコンビニですが、
クレジットカード自体は利用することができます。
ですが、分割払いの利用ができません。

もっとも、コンビニで分割払いをするほどの
多額の買い物をすることはなかなか無いと思いますが…

また、コンビニはサインレスのため
通常クレジットカードを利用する時に
サインをしたり暗証番号を打ち込む必要があると思いますが、
コンビニではそれをする必要がないため、スムーズなお会計が可能になります。

・スーパー
使えないことが多かったスーパーですが、
最近ではクレジットカードを持つ人が増えたり
多額の買い物をしていく人も増えたためか、
クレジットカードの利用ができるようになった店舗も増えてきています。

とはいえ、まだ使えないところもあるため、気をつけましょう。


・本屋
大手の本屋さん(紀伊国屋書店)などでは使えるようになってきています。
しかし、町の小さな本屋さんなどは、使えないところもあるので気をつけましょう。
ちなみに、私の住んでいる町にある小さな本屋さんは
クレジットカードの利用ができません(泣)


・家電量販店
問題なく利用できます。
家電は高いですし、結構金額も大きくなることが多いので、
逆に現金で支払う人はなかなかいませんよね。

意外と知られていない利息のつかない分割払いの仕方

f:id:chishikinohiroba:20180701190345j:plain
私もこれは4ヶ月くらい前に初めて知りまして、
結構驚きだったので紹介させていただきます。

なんと、
『2回の分割払いであれば分割手数料は発生しません』

これって結構私たちにとって有利なサービスですよね。
今月使いすぎてやばいな…
でもこれ買わないといけないし…

となった時に、これを使えば、
一月めっちゃ苦労するということから免れることができます。

結構知らない人も多く、まさに知っている人だけが得をしている
いい例かもしれません。

利用する際の注意点

ただ、これにはいくつか注意点があります。
・全てのお店で使わせてくれる訳ではない
ネットショッピングなどがこれに当たりますが、
2回分割払いに対応していないお店っていうのも
結構あったりするんですね。

これは、お店によってなので、
あなたもよく使うお店は2回分割払いができるのか
調べてみるといいかもしれません。

いざとなった時に非常に助けになってくれるので、
必ず押さえておくべきだと考えています。

外資系のクレジットカードなどそもそも2回分割払い自体がないこういうこともあるので、注意が必要です。

私の知る限りだと、2回分割払いができるクレジットカードと
できないクレジットカードは以下のものになります。

2回分割払いに対応しているクレジットカード

楽天カード
リクルートカード
三井住友カード
三菱UFJニコスカード
【Yahoo! JAPANカード】

2回分割払いに対応していないクレジットカード(外資系のもの)

ダイナースクラブカード
アメリカンエキスプレスカード
・MUFJプラチナアメックス
・セゾンパールアメックス
・セゾンブルーアメリカンエキスプレス
アコムACマスターカード

楽天カードやヤフーカード、リクルートカードなんかは個人的にはオススメですね。

特にヤフーカードはTポイントもじゃんじゃん貯まるので活用させてもらってます。

最後にまとめ

・分割払いは
「3回、5回、6回、12回、15回、18回、20回、24回、30回、36回、48回」
の中から選択できるものがほとんど

・現在では多くのお店で利用できるようになっている
町の小さい本屋さん、小さいスーパーなどでは要確認

・2回分割払いなら分割手数料は発生しない
外資系のクレジットカードは2回分割払いを利用できないものがほとんど
使うなら日本のクレジットカードを選ぶべき

皆さんもクレジットカードを賢く使って
お得な生活を送れるようにしましょう!