ゆっぴーブログ 書評・経済、金融知識・お得術などなど

金銭的自由を手に入れるための知識等をメインに書いていきます。 読書好きなので、オススメの本なども紹介していきたいと思います。 とにかく自由に書いていきます。

稼ぐ方法 『投資』と『投機』

f:id:chishikinohiroba:20180627200141j:plain
どうも。 ゆっぴーです。

今回は、投資と投機の違いについてお伝えしたいと思います。

まずはじめに。
私自身の考えとしては、
『勝つ方法』より『負けない方法』
というのを重視していきたいと思っています。

投資又は投機で負けてしまうのは、
主に資金管理方法であったり、メンタル面が大きいのですが、
1番の原因は何と言っても『無知』だと思います。

投資や投機お金を投げるものによって
必要になる知識や分析の方法など、
対象とするものによって異なります。

『勝つ方法』や『ロジック』も後々は紹介していきたいと思いますが、

『負けない方法』を理解してこそ
『勝つ方法』が活きてくる
と思うので、

初めから大きな利益を狙いに行くのではなく、
少しずつ積み上げていくのが良いと思います。

最初から『利益の出る方法』を知りたいという方は
どうぞ他のサイトを閲覧してください。

ただ、はっきりと言えるのは、

知っている人間は、
知らない人間より強いです。

そして、考えている人間は、
何も考えずにいきている人間より
強く、深みがあります。

要は表面的な部分しか理解しないのではなく、
もっと本質的な部分まで考えられている人が
『最終的には1番儲けられる』ということです。


まず、投資と投機の違いってご存知ですか??
f:id:chishikinohiroba:20180701185716j:plain
ここを結構勘違いしている人がけっこういて、
そのせいで

投資とか興味あるけど…
「怖くてなかなか手が出せないな」と思って
挑戦せずして諦めてしまったり、
とりあえずで挑戦してみるはいいものの、
大損害を出してやめてしまう。

しまいには、
「詐欺だ!」という人もいるくらいです。

そのような人のせいで、
何も知らないのに『投資は危ない』と
みんな洗脳されてしまっているのです。


正しい知識さえ備えていれば、
投資や投機はそんなに恐るべきものではありません。

しかし、投資を教えてくれる人なんて
なかなかいませんよね?

私の場合は、
投資家の師匠と呼べるような存在がいて、

その人から課題を出されては1日でこなして
ということを延々と繰り返していたら
いつのまにか稼げるようになっていました!

正しい知識がないために挑戦できなかったり
大損失を被ったりして、
「投資は危ないからやるべきではない。」
という人がこれ以上増えないようにするためにも、

努力が必要な世界ではありますが、
どんどん情報や勉強の仕方を発信していきます

もしこれでもなお、中途半端な気持ちで
努力する事はしたくないと言うのであれば、
やめておいた方がいいと思います。

中途半端にやると逆に大損しますので。

超大変ですが、
努力をして、稼げるスキルを身につけ
老後もお金に困らない生活を送るか。

「そんなに努力しないといけないのであればやめようと」
やめてしまって後々お金に困りながら生活する羽目になってしまうのか…

よく考えて決断しましょう。

投資と投機の違い

投資と投機と聞いて、その違いをご存知ですか?

もしかしたら、
『投機』という言葉をあまり聞きなれないという方もいるかもしれません。

簡単に説明すると、
『投資』は株式や不動産、土地の購入などが挙げられます。

『投機』はFXやバイナリーオプション、仮想通貨などが
これに当たります。

まず、投資ですが、
投資は、『資本に投じる』というところから来ています。
f:id:chishikinohiroba:20180705004312j:plain
生産的な手段のためにお金を出し、
それを何らかの形で運用してもらうことでその利益を受け取ると言うものになります。

株式投資で考えてみると、投資家は企業に出資をします。
企業はそのお金を使って事業を行い、
その事業から得られた収益を配当や株価上昇という形で還元します。

このように、何らかの生産手段のためにお金を投じることが『投資』になります。
投資というものは、それによって「付加価値」が創造されると言う点に注目することが出来ます。
結果的に、経済全体が発展することに寄与できるというのも投資の醍醐味の一つです。

これに対して投機は、
機会(チャンス)にお金を投じることを言います。
投機は、短期的な値動きを指すのが一般的です。
f:id:chishikinohiroba:20180705004437j:plain
株や為替などにおける短期的な価格変動をチャンスとして捉えて取引をすることが投機となります。

一般にギャンブルマネーゲームと呼ばれ、
『投機』と言う言葉が好印象をもたれることは少ないのが現状です。

株式の売買においてもデイトレードスイングトレードといった短期取引であれば、
投資ではなく投機という扱いになります。

また、最近ではFXが人気となっている為替取引(外国為替取引)があります。
こちらは投資と投機という区分でいけばすべて短期売買であろうが長期保有であろうが投機ということになります。

なぜなら、
為替(通貨)に資金を投じることによって何らかの付加価値が創造されることはないからです。
為替投資という言葉もありますが、本来の意味から考えると間違った用法といえます。

ただし、為替取引に関しては実需(貿易等の目的での売買)という可能性もあります。
こちらについては
為替レートの上下を目的に取引しているわけではないので投機でもなければ投資でもありません。

私は投資がよくて投機が悪いと言うつもりはありません。
ギャンブル的な取引を行うことが一概に悪いわけではないと思います。

投機的な取引は良くも悪くも刺激的で面白いとも言えます。
私もバイナリーオプションでの取引を頻繁に行なっていますので…

また、
資本市場全体を見たときもこうした投機的な取引が行われることによって、
株式市場や外為市場がより厚みのある市場となり、市場の流動性を高めていると言うのも事実です。

ですが、その中でも理解しておいて欲しいのは
「今、自分がやっている取引は投資なのか投機なのかとういうことを理解すること」です。

中長期的な資産作り・資産形成において必要となるのはやはり『投資』です。
それを踏まえたうえで、投機に使うお金というのは自分のポケットマネー・失っても問題ないお金の範囲内で行うべきだと思います。

世の中には、投機的な取引によって億単位の莫大な財産を築きあげた個人投資家も存在します。
しかし、そのような人は本当にごく少数でその人の後ろには
その何十倍〜何千倍もの市場から退場を余儀なくされた人たちがいるということを理解する必要があります。

これが、FXがゼロサムゲームと言われる所以です。

株の信用取引やFXで大儲けをしたいと考えている方もいるかもしれませんが、
自分は特別と思わないことが大切です。
本当に失ってはいけないお金で投機をする事はすべきではありません。

投資のメリット

f:id:chishikinohiroba:20180701190345j:plain

投機と比べて手堅く資産形成が可能

投資の最大のメリットとして挙げられるのは、
やはり、その手堅さでしょう。

1番手堅いのはやはり銀行預金です。
使えるものは使っておくと考えるのであれば、
微々たるものと言えど利子が付いて来てくれる
銀行預金はまず使っておくべきだと思います。

それに今はネットバンキングが普及して、
だいぶ使い勝手も良くなって来ましたから。

でも、
銀行預金って、リスクがほぼ0である分、
年利で0.001%
100万円を1年間預けていたとしても
1年後に増えるのは10円ほどです。

10円を粗末にするような言い方になってしまいますが、
ぶっちゃけ10円もらっても嬉しくないいですよね。

それなら、知識はないにしても、
大企業の株式を保有しておく方が賢いと思います。

銀行預金に比べるとリスクのある株式投資ですが、
会社が倒産でもしない限り、元本がなくなるわけではないですし、
元本が削れる可能性もありますが、株価が上昇した時のメリットを考えたら
大したリスクにはならないと思います。

比較的安定していて利率のいい米国債に投資するのもいいかもしれません。

外資産を持てる

これも投資ならではのメリットでなはないかと思います。

海外に資産を持っていれば、
『国が破綻する』なんてことになった時でも
あなたの資産を守ることができますね。

日本は、投資の世界でも、比較的安定している方だと言われています。
(円は安定通貨)と言われることからも、信頼は置ける国でしょう。
あと、日本がデフォルト(ギリシャのような国の破綻)が起こる事は
ほぼないと言い切れるでしょう。
この話についてはまた触れていきます。

とにかく、安全性、信頼度は先進国の中でもトップクラスである事は
間違い無いでしょう。


とは言え、
国の借金(正確には政府の借金)は1000兆円を超え
現状、少子高齢化も進んでいく事は免れないため、
社会保険料増税の流れは必須です。

GDPも上がっていく気配は無いので、
未来はなかなか厳しいものになると思われます。

この流れが改善する起爆剤がない限りそのままいくと
苦労するのは私たちです。
それはわかりきった事でしょう。

そして、何より恐ろしいのが『災害』です。
日本は地震大国なので、

地震によって国内資産が吹っ飛ぶ

なんてことも十分にあり得る話なのです。

こう考えたときに、
海外に逃げ道があるのであれば、逃げ道を作っておくのが得策ではないでしょうか?

リスクを恐れて銀行預金のみというのであれば、
もっと広い視野を持ってリスクを考え、海外に目を向けることも大切です。

海外に資産を持ってリスク分散をしておく。
手堅くおすすめできるでしょう。

これから経済成長が見込める
新興国の不動産』投資なんて手堅くておすすめですよ。

忙しい人や初心者でも資産形成ができる

昔は、時間のある人や、知識のある人、お金持ちなどの
限られた人しか投資に参加できない。
そんな風潮があったと思います。

しかし、
インターネットが普及したことや金融商品の多様化で、
初心者やあまり初期資金がない方でも投資ができるようになりました。

投資のプロやプロトレーダーであれば時間や資金量、情報などを駆使した勝負になるので、
FXなども利用しながら徹底的に知識を応用してチャート分析し、
短時間で大きな稼ぎを追求していかなくてはなりません。

しかし、ほとんどの方は、何かしら本業での稼ぎがあって、
「追加で何か稼げるものがあればいいな」という感覚だと思います。

そうなると、本業だけで手一杯のはずですからあまり時間がないと思います。
そんな人でも銀行より利率はよく、資産形成できるものは意外と探せばあるものです。

細かいアセットクラス(純金や不動産など)にも投資して、
アセットアロケーション(資産配分)を組もうという場合には、
そこそこの勉強が必要になりますし、年ごとの資産配分調整も必要にはなります。

しかし普通に銀行預金より利率をあげて生涯かけて1億円を達成しようという場合には、
グローバルバランス型のインデックス投信を、長期投資で使うだけで十分です。

これは本当に、本業の仕事がある方でも気軽にはじめることができます。

銀行口座にお金を入金するような手間しかかかりませんし、
なにより

『月給20万円以下のフリーターですら堅実にやれば1億円を達成できる』

というようなものになっています。

また中期投資も本業のある人や、忙しい人がやるべき投資法の範囲内にいれていいでしょう。

数週間から数か月単位で、成長している株(グロース株)安い株(バリュー株)を分析して、良質な株に投資していきます。

デイトレードのように1日中相場を見る必要はありませんし、
その一方で長期投資型ファンドよりも手っ取り早く収益をあげることができるというメリットがあります。

最近『メルカリ』で話題になった、IPO(新規公開株)を狙うのもおすすめです。

本業のある人は、長期投資・中期投資で攻めていくといいでしょう。

他の人と差がつけられる

これは、日本ならではと言えるでしょう。

これをみてください
f:id:chishikinohiroba:20180705022953p:plain
みてもらうとわかるように、
日本人は貯蓄が好きで、未だに貯金ばかりしている人が多いですよね。
かと思えば、仮想通貨が儲かると聞いて飛び乗って大損をする。
呆れてしまいますよね。

日本に貯蓄体質の人が多いのは、
1950年前の大昔から、
良質なファンド(投資信託)が長年ずっと存在しているアメリカとは違い、
日本のファンドが腐敗していることも原因ではあるのですが。

基本的に日本の多くのファンドというのは、
銀行と結託し、私達一般人から手数料をまきあげることしか考えていません。

最近になってやっと『成果型報酬』のファンドが日本にも出て来始めたくらいなので
日本がどれだけ『投資』という分野においてアメリカに遅れを取っているのかがまるわかりですね。

ファンドは私達の投資活動を代行する業者なので、
ファンドが私達に味方をしないかぎり
投資の知識を学ぶ時間のない忙しい人達が資産運用をするのは非常に困難です。

日本の良質な投資信託というのは現在でも実にかぎられています。

2000年以降のつい最近になってようやく出現しはじめたもののいまだに数えられる程度しか存在しません。

ですから、今まで効率よく資産運用できたサラリーマン達というのは日本では極めて稀な存在だったわけです。

これは逆を言えば、まだ日本では資産運用をするライバルが少ないわけですから、
あなたが2010年代のいまから資産運用をはじめることができれば、将来確実に他の日本人の資産状況と差をつけることができます。

仮想通貨もそうだったようにやはり早くから気づけた者が

先行者利益を得られる

ようになっていますから、早いうちから参入することを推奨します。

お金の流れや経済に詳しくなる

実際に投資をしなくても、投資の知識を身につけることで否応なしに経済に詳しくなります。

もっとつきつめれば、
お金を稼ぐということがどういうことなのか
すなわち「お金の流れ」を把握できるようになります。

私も実際にそうでしたが、
お金は人々の「感謝・信頼」でなりたっており
人々がその価値を保証することではじめて使える紙切れであるということは投資の知識を学習することで学んだことでした。


投資で稼ぐというよりも
お金を稼ぐという視野で投資の知識を身につけていくと
生きていくうえでどんなところにお金を稼ぐチャンスがあるのか

よく見定めることができるようになると思います。

またお金を稼ぐことに関して思考を深めることもできます。

株や債券の性質、経済と政治の関係など、
後学のためにも、一度投資の知識はひととおり目を通して、お金の流れに敏感になっておくといいと思います。

これがだんだんわかってくると
ゲームなんかより全然楽しいと絶対に思えるはずです。

また、あなたの本業にも何かしらの形で活きてくることは少なからずあるはずです。

あなたがみんなから「〇〇さんは優秀だよなー」と言われる日も近いかもしれません。

投資のデメリット

何もしないこと

最大のデメリットは、
『何もしないこと』だと思います。
何もせずに、国内銀行の預金のみというのも、リスクがないとも言い切れません。

また、先ほどもあげたように、年間でみたときの利率も非常に
パフォーマンスが悪いと言えます。

投資をしても、元本が目減りすることはあるかもしれませんが、
元本が丸々なくなってしまうというのは、ほぼないと言っていいでしょう。

リスクも少なくメリットは非常に大きい。

投資をしないことこそが最大のデメリットと言えます。

また、
銀行預金にもリスクはあるので、今度お話しします。

コストがかかる

これは、投資信託の場合ですが、
運用をプロに任せるので、当然コストがかかってきます。

かかる項目としては、
「販売買付手数料」
「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」
「信託財産留保額」が挙げられます。

販売買付手数料→ 投資信託を購入する際に必要な手数料のことです。
ファンドの管理費用(含む信託報酬)→ 投資信託の運用にかかる費用のことです。
信託財産留保額→ 投資信託を信託期間の途中で換金する際の証券売却にかかるコストのことです。

「信託財産留保額」については、途中で資金を引き上げたりせず、
満期までお願いしておけばかからないコストになるので、
あまり考える必要もないかもしれません。

投資信託は、本来自分が得られるはずの利益から、
手数料等が引かれてしまい、利益率が少し悪くなってしまうので、
私はあまりやりません。

しかし、勉強をする時間がなかなか取れない忙しい方や
適当に直感で買うよりは、プロの方が考えて運用してくれる
投資信託を利用するのも1つの手であると思います。

何より安心感があると思いますよ。

元本保証がない

銀行預金と比べると分かりやすいですが、銀行預金は預けた金額分は必ず引き出せます。
→つまり元本が保証されている

投資や投資信託、不動産投資などは、
運用実績が上がらず購入時よりも値下がりした場合、購入額よりも売却額が下回る可能性があります。
→つまり元本が保証されていません。

この点から、
リスクを承知で値上がりに期待できる株式を購入する。

リスクはあるけど、業績の良い安定した大企業の株を保有しておく。
などの選択をし、手堅く運用して行く必要性があります。

投機のメリット

f:id:chishikinohiroba:20180627201241j:plain

短期間で大きな利益が出せる

これが投機の最大のメリットになるでしょう。

投機は、投資に比べてリスクが大きい分、
短期間で利益が出せます。
(もちろん勉強する必要ありです)というか勉強は必須です。

投機は先物取引に当たるので、
レバレッジがかけられて、自分の資金以上の取引が可能なため、
短期的に大きな利益を挙げたい人はどんどんやっていくべきです。

短期間ゆえに、価格変動のリスクの影響を受けにくい

これも大きなメリットで、不動産や株式の場合、
災害やテロなどの影響をもろに受けるので、
長期的な目でみて投資していた場合
利益が出ない可能性があります。

しかし、FXなどの短期の取引であれば、
その影響は受けにくいと言えます。

いざとなれば、手放せばいいわけですし、
デイトレードであれば、その日のうちに全部の取引を終えるため、
早ければ何分かで取引を終える場合もあります。

投機のデメリット

リスクを取りすぎると損失が大きく膨らむ可能性がある

これは、先ほど少し触れたレバレッジというのが大きく関わってくるのですが、
レバレッジは、自分の持っている資金×数十倍の取引が可能なため、

一気に大暴落するようなことがあれば、
下手をするとマイナスになって、借金にもなりかねない
非常にリスクのある取引であるということです。

そうならないためには、世界情勢を常にチェックしておく必要性はもちろんのこと
チャートは人間心理が反映されて動いているので、
トレードしている人の心を読むスキルも必要になります。

定期的な収益を得るためにはスキルが必要

これは文字の通りで、
短期的なもので、人間心理や社会情勢、情報収集能力
FXで言えば、チャートの見方や、動き方のパターンを覚える
など、様々なスキルが必要になります。

最近、『億り人』などと話題にもなった、
ビットコインを代表とする『仮想通貨』なども、
いち早く目をつけた人がその恩恵を受け取り、
話題になり始めて、後から参入した人はじり貧をくらうという
情報キャッチスピードの大切さがもろにでた現象ではなかったでしょうか。

このように、
投機で勝つためには、日頃から社会の流れや新しいものに
『常にアンテナを張っておく』ということが大切になります。

慣れてくればそこまで難しいことではありませんが、
記事になっている『二次情報』を自分の経験や知識と当てはめて
どれだけ『一次情報』に近づけていけるか。

そのスキルを身につけるまでは、
専業としてやっているプロトレーダーがいる中で
勝ち続けていくことは極めて困難でしょう。

投資と投機の着眼点の違い

f:id:chishikinohiroba:20180627200754j:plain

投資で見るべきもの

投資をする金融商品によって様々ですが、
株式投資において見るべき指標は、
有価証券報告書』と『ニュース』でしょう。

有価証券報告書は企業が金融庁に四半期毎、あるいは、毎年提出している
投資家に向けた企業の情報資料です。

これを見ることで、
新事業の準備のために設備投資にお金を使っているんだな。
これがうまくいけば、株価が一気に上がりそうだ。

最近業績が悪化しているんだな。
この企業には今は投資すべきではないかもしれない。

などの推測が建てられるわけですね。

ニュースは、コラムみたいなものもあるので、
『二次情報』になりえてしまうものも多く存在しますが、

経営者がこんなことを考えていると発表したり
不正が発覚したなどの事実公表があったりと、

ニュースを見ることで様々な情報をキャッチできるので、
朝や帰りの通勤時間帯や、ランチの時にでもこまめにチェックしておくと良いでしょう。

また、
不動産投資においても、
皆さんご存知のように需要のあるエリアの地価は上昇しますので、
ニュースをチェックすることで、投資すべき不動産などの分析もできるかと思います。

賃貸物件として考えるのであれば、
アクセスがいい物件
地方からの学生を対象とする物件
これから商業施設ができて発展が見込まれる土地など

そういった情報がしっかり取れていれば、
空室リスクへの対処ができますね。

『一次情報』を取りに行くこと
『二次情報』を自分で分析して、一次情報へどれだけ近づけていけるか。

この2つが鍵になってくると思います。

投機で見るべきもの

投機に関して言えば、
『チャート』と『ニュース』でしょう。

投機の場合、短期的な取引が多く
『チャートは生き物』と言われるくらい
予想打にしない変化が起こることが多いです。

そう考えると、
正直ニュースを見ていたところであまり意味がない
とも言えます。

ただひたすらチャートを見て、
動き方の特徴を分析し、いくつかのパターンや法則を見つけ出す。
そして、それに対応できるロジックを作り上げる。

これが、勝つためには最善の手と言えます。
これをやってもなお負けるときは負けるので、
やはりリスクは高いです。

とは言え、
損失をできる限り抑えて、利益も欲張りすぎず
ルールに則った取引と資金管理を心がければ
大きく負けるなんてことはそうそうありません。

投機をするのであれば、
チャートの研究者になるくらいの勢いで臨みましょう。

ニュースは、中〜長期的な目で見て取引するという人にとっては大切です。
もちろん短期でも、経済指標の発表でチャートが一気に乱れることもあるので
気にしておく必要はありますが、

日をまたいで保有するというようなスタイルで投機に臨む人は
政治や経済、テロや災害などの事件には特に敏感であるべきです。

投資を考えている人向け耳寄り情報

株式投資について学びたいと考えている方

1日50円でプロの投資家の方から良質銘柄の見分け方を教えてもらえます。
優良銘柄を直接教えてもらえるのはもちろん。
見分け方まで徹底伝授。
それが1日50円なので、費用対効果がとても高い自己投資と言えるでしょう。



投資信託を考えている方

三井住友アセットマネジメントの紹介です!
業界大手で、非常に信頼の置ける会社なのでとてもオススメです。
初めてで何もわからない方でも安心のサービス対応

投資信託を考えているならまずはここから!



不動産投資を考えている方

不動産投資を考えているならここから!
不動産投資のメリットやデメリット
何をすればいいのかも細かく教えてもらえます。


投機を考えている人向け耳寄り情報

FXに興味がある方

高い利益を求めたい!
でも本業が…
そんな方でも安心!

まず、勉強することから始めてみましょう。


オススメの業者はこちら!
XMといって海外の業者ですが、
こちらの業者さんは、FXでよくある出金拒否などのトラブルもなく、
レバレッジも、日本では25倍までと規制がかかっていますが、
最大888倍までかけることができます。

取引を決定するときの約定も早く、通貨の種類も豊富
ゼロカットシステムと言って、
マイナスになったとしても、口座残高を0に戻してくれる嬉しい機能付き

さらに今なら3000円のキャッシュバックがあり、最低500円入金から始められるので、
私もいつもお世話になっている。
非常に優秀な業者さんです。