ゆっぴーブログ 書評・経済、金融知識・お得術などなど

金銭的自由を手に入れるための知識等をメインに書いていきます。 読書好きなので、オススメの本なども紹介していきたいと思います。 とにかく自由に書いていきます。

誰も教えてくれない㊙︎預金の危険性 あなたの持っている1万円は1万円の価値がなくなる!? 外貨で儲ける方法 FXなど

f:id:chishikinohiroba:20180712000113j:plain
どうも。 ゆっぴーです。

今回は、
知られざる預金の危険性を中心に、
貨幣価値の変動貨幣の強弱などを絡めながら
ノーリスクと思われている銀行預金を徹底解剖していきます。

今回の話が理解できれば、
世界の見え方や、これから自分がどう行動すれば
『得をできるか』『大儲けできるか』が自然とわかってくるので
絶対知っておいて損はないと思います。

これは知っている人と知らない人で大きく差が出ます。
今からこの秘密を知るあなたは10年後に友人と驚くほどの差がついているかもしれませんね。

f:id:chishikinohiroba:20180712161026j:plain

国内貨幣価値の変化の事例

まず、あなたは『お金の価値』は日々変化しているということを知っていますか?

例を出すと、
1980年の10,000円は2016年の10,585円に当たります。
1990年の10,000円は2016年の9,131円に当たります。
さらに極端な例を出すと、
1965年の10,000円は2016年の30,893円に当たります。

これは、年代によって貨幣の価値が変化しているということなんです。
また、物価や金利も年代によって異なるので、
1965年の10,000円は当時の感覚からすれば、10,000円の価値を持っています。

ここでいいたいのは、
1965年から10,000円を使わずに2016年まで持っていれた場合、
10,000円の価値は当時より上がるということです。

つまり、ただお金を預金しておいただけで貨幣価値が上がり、
同じ10,000だったとしても、価値は30,000円になるため
当時より多くのものが買えるということです。

(ただし、ものの値段が変わらないこと)
(貨幣が変わってしまって当時のものに価値がなくならなかった)
場合に限りますが…

ものの値段も貨幣と同じく常に変化します。
例えば
1965年のお米の値段は590円
2016年のお米の値段は2,580円です。

なので、単純にお金が増えるといっても、
この場合は、
1965年ならお米が17個近く変えたものが
2016年では11個しか変えなくなってしまいます。

貨幣価値自体は上がっていますが、
ものの値段はそれ以上に上がっているので
先ほどの場合はずっと預金をしていたら損になる場合もあります。

しかし、
テレビなどは発売してからは値下がりする傾向があるので、
ものによって変わると言えるでしょう。
一応ブラウン管テレビを例に出すと、
1965年の時は15万円近くしていたのに
1990年頃には5万円くらいで買えるようになっています。

買う物と買う時期によって特をしたり損をしたり…

これを賢く使うことができれば、かなり低コストで生活することができます。

とは言え、これだけ先の流れを読むのは不可能に近いと言えますが…


これは国内だけの事例を見た場合ですが、
外貨も含めて見てみると、まだこの裏技的なことはできます。

インフレやデフレというのも関わってくるので、
それはまたの機会に。

外貨と日本円を見たときの事例

f:id:chishikinohiroba:20180713120011j:plain
ではまず、
これから発展していくと話題のインドネシアを例に見てみましょう。

10,000円をインドネシアルピアに変えてみましょう。
すると、
10,000円=862,069IDRになります。
1円で86IDR手に入ることになります。

インドネシアのレストランで食事をする場合
10,000IDRが必要になります。
これを日本円に直すと116円くらいになります。

日本では1,000円近くかかるランチ代も
インドネシアに行けばわずか116円で食べることができます。

日本の10,000円があれば、向こうではお金持ちになれます。

学生のバイト代が80,000円だったとしても、
向こうでは6,896,552IDRの価値がある

レストランで食事することだけにお金を使うとすれば、
80,000円で59,453回くらい食事ができますね。

向こうの高級レストランで食事をしたとしても
200,000IDRになるので2,320円で高級レストランの食事が楽しめます。

なぜこのようなことが起こるのか…

それは貨幣価値に強弱があるからなんですね。

これは景気の良し悪しや金利の上下
国力の強弱などが関わってきます。

結構難しい話なのでまたの機会に触れていきたいと思います。

ちなみに、ベトナムの方やタイの方が日本に出稼ぎに来ている理由はここにあります。
日本は外国人労働者に対して賃金が低いのではないか?
と問題になっていますが、
自分の国に帰って使うことを考えればとてもいい給料をもらっているとも言えるんですね。

とはいえ、外国人労働者の方は働いている段階では日本にいるので
その人の生活を考えたらやはり低い時給で働かせるのは人としてどうなの?
と思うところはありますが…

これがユーロと円であったり、ドルと円であったり
ドルとユーロであったり、ポンドと円であったりと、
通貨の分だけペアがあるので、数え切れませんね。

この差は毎日起こっていることなので、
そのレートの差を利用して儲けるのがFXということになります。

FXはチャートを見てこまめに取引する
デイトレードというものが主流ですが、

単純に、1版強い通貨を購入して、1番弱い通貨を売る
これをすることで差額が利益になったり損失になったりするわけです。

企業でも海外と取引を行なっている企業は必ず為替差損というものが出てきます。
企業は、決算の時に外貨を日本円に変えて決算を行わなくてはならないので
取引を行った時に支払われた額と決算の時に日本円に変えて提示する額が
為替レートによって変動してしまうために起こってしまうことなんですね。

この為替レートで特をすることもあれば損をすることもある。
ここの見極めが非常に重要であるということです。

こう考えると、
FXも意外と危ないものではないということがお分りいただけたかと思います。

この通貨や為替の仕組みを知らないがために漠然とFXは危ないと思っている人が多いですが、
実際通貨や為替の仕組みがわかった上で考えてみると
そんなに危険なことをしている訳ではないのです。

FXが危険だと言われるのは証拠金取引といって、
本当は100万円必要なところをレバレッジというものを効かせて
4万円しかなかったとしても100万円あることにして取引できる
というルールが設けられており、

資金が少ない状態で大きい額の取引を行うから危険だと言われているんですね。
分りやすく説明すると、
今現在支払い能力がないのにも関わらず
これから稼ぐであろうお金を担保に
30年ローンなどを組んで家を購入するようなものですね。


これもまたよくよく考えてみれば、
終身雇用制度が崩壊し始めていると言われる今
ローンを組んで4000〜5000万円もするような家を買う方がリスクが高いと思ってしまいますね。

そんなことをするくらいなら、
自分で稼ぐスキルを身につけるor投資で貯金をふやしてから購入する
という選択をする方が堅実な気がします。

だからこそ、借金などがなくお金がある今
自己投資をしてスキルをつけたり
資産運用をしてとにかくキャッシュを増やす
ということに焦点を当てて、
これからの大きな買い物のために蓄えを作っておくことが必要だと思います。

最後の最後に話はずれますが、
インドネシアルピアやタカ(バングラデシュの通貨)を
今から保有しておくことはとてもいいと思います。

これらの通貨の国は新興国と言われており
これから経済が発展していくだろうと言われているためです。

もちろん経済が発展すれば通貨価値も上昇するので、
うまくいけばここで一儲けできますからね。

この外貨保有のデメリットとしては

・国の破綻によって通貨が紙切れになる
・発展しなかった時に利益が出ない

などが挙げられますが…

とはいえ、日本円で保有しておくよりはいいのではないかと思います。
日本は生産年齢人口の減少などもあり
GDPも上昇する見込みが薄いかなと思うからです。

資産運用という意味で見ても、
外貨預金はとても良い選択肢の1つだと思います。

外貨預金をするにしても、
銀行で外貨預金をお願いするのだけはやめてくださいね。
手数料で結構持ってかれてしまって利益が残らないこともあるので。
これについてはまた今度書いていきます。

外貨資産運用やFXはこちらから!

FXを初めて見たい!

だけど、何を勉強したらいいのかわからない…
そんな方は、業界のプロに教えてもらうのがいいと思います。

独学でもいいですが、
やはり勉強効率がどうしても悪くなりますし、
何より、こういった場に参加して勉強仲間を作ることで吸収も早くなりますし、
心が折れそうになった時にもモチベーション維持ができます。

ここで自己投資できれば、必ず将来に繋がるはずです。



すぐにでも取引を始めたい!

という方はこちらから!

ここの業者はとても良心的で、
取引がしやすく、トラブルもないので、非常に優良な業者です。
私も初心者の時はここを使っていました。
キャッシュバックが大きいことと、
スプレッド(手数料のようなものです)が狭いので、利益を出しやすいです。

FXをやるにあたって、スプレッドの低さはとても大切になるので、
変な業者を洗濯しないように注意してください。


リスクは高くても、

莫大な利益を求めていきたい!
という方にはこちらがおすすめ

海外の業者になりますが、
レバレッジは驚異の888倍までかけることができます。
これはリスクの大きさを示していますが、
稼ぐという面で見ればこれ以上ない最強の業者です。

海外業者はトラブルが多かったりと指摘する人がいますが、
この業者はそういったトラブルは一切ありません。

何より今私が取引を行っているのもこの業者なので、
大きい利益を求める方にはダントツでおすすめです。
キャッシュバックが受け取れるのも嬉しいですね!