ゆっぴーブログ 書評・経済、金融知識・お得術などなど

金銭的自由を手に入れるための知識等をメインに書いていきます。 読書好きなので、オススメの本なども紹介していきたいと思います。 とにかく自由に書いていきます。

『リボ払い』と『分割払い』の違い リボ払いが危険は嘘!?

f:id:chishikinohiroba:20180701185634j:plain
どうも。 ゆっぴーです。

今回は、『リボ払い』『分割払い』の違いについて書いていきます。

 普段何気なく使っている『リボ払い』と『分割払い』
その支払い方本当にいい払いかたでしょうか?

もしかしたら損をしているかもしれませんよ?
リボ払いは危険だと聞くから毎回分割払いにしている。
という方はこれを機に支払いかたの見直しをしてみることをオススメします。

この見直しであなたがどれだけ手元にお金を残せるのか…
大きく変わってきます。

それも想像している額より大きい金額かもしれません。

カード会社や世間に流されることなくあなたが得をできるように
今回は違いをしっかり理解していきましょう。

リボ払いとは?

リボ払いはリボルビング払いを簡略化した言葉になります。

これは、分割払いの方法の一種ですが、
リボ払いの場合、残高全体に利子がかかってくることになります。

リボ払いには
『残高スライド方式』というものと
『定額方式』という2種類のものあります。

残高スライド方式
f:id:chishikinohiroba:20180717124426p:plain
(https://www.j-credit.or.jp/customer/basis/revolving.html)より引用

支払い残高が増えるとそれに伴って毎月の支払い額(手数料含む)が増加します。


定額方式
f:id:chishikinohiroba:20180718162949p:plain
(https://www.j-credit.or.jp/customer/basis/revolving.html)より引用

支払い残高が増えても毎月の支払い額は変わりませんが、支払い期間が延びます。



リボ払いの特徴

メリット

今手元にお金がなくてもお金を使える
これは分割払いでも同じですが、手元にお金がなくても買い物をすることができます。
カード会社によって締め日と支払い期日は異なりますが、

月末締め、翌月10日払い
もしくは
月末締め、翌月末払いの会社が比較的多いです。

これは各カード会社によって異なるので
クレジットカードを作った際は必ずチェックしておきましょう。


毎月一定額での支払いが可能
これはメリットにはなるのですが、
私としてはあまりオススメしていません。

というのも、
リボ払いは支払い残高全体に利子が掛かってくるので、
一定額で支払うつもりであれば本来は分割払いをした方がお得になるのです。

ただ、一定額の支払いで良いため、家計の支出の算出はしやすいかもしれませんね。


毎月支払い額を変更できる
私はこれこそがリボ払い最大のメリットであると考えています。

収入の幅が上下する方や、支出の幅が上下する人にはとてもオススメできます。

リボ払いのルールは支払い残高全体に利子が掛かってくるというものでしたね。
ということは、支払い残高が少なくなれば少なくなるほど利子の金額も小さくなります。

早いうちに返済ができる目処が立っている人はリボ払いがいいです。

また、収入の量が上下する人は分割払いで金額の変更がきかないとなると
『払えない』という事態も起きかねませんよね?

そんな悩みを解決してくれるものこそがリボ払いです。

収入が多い月があった。
今月は支出が少なかったため、返済にもっとお金を回せそう。
そういうことってあったりしますよね?

その場合は多めに支払って返済期間を短くすることで利子を抑えることができます。

これは、分割払いにはできないリボ払い特有のメリットです。

デメリット

手数料が高い
これはとても痛いデメリットになると思います。
一般的な分割ローンに比べると、リボ払いの手数料は15〜18%と高めの設定になっています。
そのため、使用金額に対して余計に払わなくてはならない額が増えてしまいます。

そして、
利息や手数料ばかり支払っていていつまで経っても元金が減らないという負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。

こんな人はリボ払いがおすすめ

近々まとまったお金が入る予定のある人、
収入が一定でなく変動する人、
月によって多く払ったり少なく払ったりと懐具合と調整して支払いを進めたい人
にはオススメです。

返済プランによっては、リボ払いの方がお得になる場合もあります。
カードで損をしないためにも返済プランを考えた上でカードを使うようにしましょう。

分割払いとは?

分割払いは、その商品単体に分割の利子がかかってくるため、
300万円する車を買って分割払いをする場合はその300万円に対して金利がかかってきます。

その支払い金額は分割回数を決めた時点で確定するので、
もしそのあとに5万円の机を買ったとしても、
それが車の値段に加算されてさらに利子が増えるなんてことはありません。

リボ払いに比べると安全性は高いと言えます。

分割払いの特徴

メリット

今手元にお金がなくてもお金を使える
これは分割払いでも同じですが、手元にお金がなくても買い物をすることができます。
カード会社によって締め日と支払い期日は異なりますが、

月末締め、翌月10日払い
もしくは
月末締め、翌月末払いの会社が比較的多いです。

これは各カード会社によって異なるので
クレジットカードを作った際は必ずチェックしておきましょう。

ここはリボ払いも分割払いも共通している点だと思います。

支払いの回数が決まっている
これもメリットといえるでしょう。
安定した収入が見込めており、収入にあまり変動がない方に
適した支払い方法になっていると思います。

基本的には、
3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回
の中から選択して支払い回数を決めます。

支払い期日が伸びてしまうことはないので、
手数料がさらにかかってしまうことがないため、
安心ですね。

私は過去にリボ払いで支払い期日が伸びることがあって
損をしたことがあるので、普段は普通の分割払いを利用しています。


投資の配当が多く入ってきそうな時はリボ払いを使いますがね。


2回までの分割払いであれば手数料がかからない
これは非常に大きなメリットです。

分割払いをしているにも関わらず
手数料がかかることがないのです。

めっちゃお得ですよね!

ただ、使えるところが限られていて、
カード会社によっては使えないものもあるので
カード選びが大事になってきます。

デメリット

支払い回数が決まってしまっている
これはメリットでもありデメリットでもあります。
支払い回数が決まってしまっているということは、
もっと早くに返せるアテがあるにも関わらず
返済できないということです。

リボ払いであれば、
繰上げ返済をして早いうちに支払いを終えられるのにも関わらず

分割で回数が決まっていることで、
早くの返済ができません。

これは場合によっては多くの手数料を取られて損をすることもあります。

返済プランと、懐具合をしっかり確認して
どちらを使うのかをしっかり考える必要がありますね。

こんな人は分割払いがおすすめ

安定した収入が毎月のように入ってきて、
安定した返済がしたいという方は分割払いを選択すべきでしょう。

クレジットカードの利用は計画的に

クレジットカードを使う時は、
ついついお金を使っているという感覚がなくなりがちです。

無限にお金を生む魔法のカード
というわけではないので、
利用する際の資金管理がとても大切になります。

必要なものを買うためにちょっと無理して使う
くらいならいいですが、
不必要になるであろうものをクレジットカードを利用して手に入れる
ということはやめるようにしましょう。

おすすめクレジットカード集

年会費無料【Yahoo! JAPANカード】



今ならポイントももらえてお得です!!