ゆっぴーブログ 書評・経済、金融知識・お得術などなど

金銭的自由を手に入れるための知識等をメインに書いていきます。 読書好きなので、オススメの本なども紹介していきたいと思います。 とにかく自由に書いていきます。

稼ぐということ 稼ぐ方法の真実

f:id:chishikinohiroba:20180805161459j:plain
どうも。 ゆっぴーです。

今回お話したいのはズバリ『稼ぐ』ということについて。

これは多くの人が知りたいことであると思います。

「もっと稼げる仕事ないかな…」
「どうやったら稼げるのだろう」

挙げたらきりがありません。

そのぐらいみんな稼ぎたいと思っているのです。

そして
「もっといい暮らしがしたい」
「高級車に乗りたい」
「ブランド物が欲しい」

などなど。

今よりさらに稼ぎたい目的も様々であると思います。

しかし、
ただ稼ぎたいと思っているだけではいつまでたっても稼ぐことはできません。

稼ぐためにはまず、

「稼ぐとはなにか」

これを理解する必要があります。

稼ぎたいと思っていても、
稼ぐの意味がわかっていなくては行動に移すこともできませんからね。

では順を追ってお話していきます。

『稼ぐ』の意味とは?

f:id:chishikinohiroba:20180701185634j:plain
まず、稼ぐという言葉の意味から考えて見ましょう。

普段何気なく使っている言葉ではあると思いますが、
この言葉の本当に意味するところ
あるいは、自分にとっての言葉の意味を考えたことがある
という人はとても少ないと思います。

本来、稼ぐという言葉は
お金を得ることが主ではなく、仕事に励むことを表して使われていました。

これは知らなかった方も多いのではないかと思います。

稼ぐ→仕事に励むこと

こう考えると、
稼ぐということの意味が少し見えてきたのでは
ないでしょうか?

では、仕事とはなんでしょうか?

内容などは人によって異なります。

しかし、
それぞれやっている仕事に共通していることは

『人に価値を与える』

ということです。

これができているからこそ
『お金』というものがもらえる
あるいは稼げるのです。

つまり、
お金を稼ぐということは
人に価値を与えるということです。

小売をやっている人は
モノという価値を提供しています。

飲食店では
食事あるいは気遣い、場所などのサービスを提供しています。

サラリーマンの人は
まず、会社にあなたという価値を提供しています。
営業でも経理でもそれは変わりません。

その会社はあなたがそこにいて働いてくれていることで動いているというのは間違いありません。

だからこそ『給与』という形であなたにもお金という価値を提供してくれているのです。

そして、
会社の商品を売る
会社の商品を作る
会社の経理をつける

などの仕事を提供してもらい
それをこなすことでまた給与が支払われます。

つまりは

お金を稼ぐ=価値の交換

なのです。


稼ぎたいと思ったら
『人に価値を与える』

ということをまず考えてみましょう。

あなたが稼ぐためのヒントはそこにあります。

『稼ぐ』目的は?

f:id:chishikinohiroba:20180703061117j:plain
稼ぎたい。

では、その目的はなんでしょう?

あなたはなんのために稼ぐのか?

モノが欲しい
いい暮らしがしたい
子供のため、家族のために

などなど、
目的は様々でここはなんでもいいと思います。

あなたの中で1番の望み
これを叶えるために稼ぐというのが
最もわかりやすく立てやすい目標になると思います。

目的のない人は稼ぐことはできません。
なぜなら稼ぐ理由がないからです。

生活するのに年に1000万円かかる人なら
1000万円なんとしてでも稼ぐしかないですよね

1000万円が生活にかかるからそのために稼ぐのです。

あるいはその生活レベルにいきたい。
高級車も家も欲しいし
生活も美味しいものを食べて
望むものを買える生活がしたい。

そう考えて働くからその生活ができる
あるいはその生活に辿り着くのです。

稼ぎたいと思うのであればまず、
『稼ぐ目的』を明確にしましょう。

これは、
目的が明確であればあるほど稼ぐための近道になります。

抽象的な目標や目的より
具体的な目標や目的の方が実現しやすいですよね。

例えば、
・家を買う
こんな目標があったとします。

しかしこれでは
いつ?
どんな?
どうやって?

全然わかりませんよね?

しかし、こうしてみるとどうでしょう?
・35歳の時に目黒に4LDKの家を買う
こうしてみるとだいぶ現実味を帯びてきたかと思います。

こうするとそのためにいくら必要になるのか?
自分はどうなってなくてはならないのか?

外的要因(自分以外の外の影響)によって
多少の計画のズレなどは生じる可能性もありますが、

・家を買う
という目標に比べれば明らかに実現可能性は
上がります。

出来るだけ明確に具体的に
『稼ぐ目的』を考えてみてください。

あなた自身のモチベーション維持、向上にも
影響してくるはずです。

どのくらい『稼ぎたい』のか?

f:id:chishikinohiroba:20180703061117j:plainf:id:chishikinohiroba:20180712161026j:plain
では、どのくらい稼ぎたいのでしょうか?

今の月給が40万円くらいだとしましょう。
しかしこれでは足りないと感じています。

では、いくらあったら満足できるのか?
いくらプラスで稼ぐ必要があるのか?

これは考えられているようでいない人が多いです。

もっと給料上がらないかなー
と言っている人に「もっとってどのくらい?」
と聞いてみてください。

明確にいくらと言える人は少ないはずです。

出てくる言葉はせいぜい
「〇〇くらいかな〜」となんとなくの感覚で
言っている
気持ちのこもっていない言葉でしょう。

『どのくらい稼ぎたいのか?』

ここを明確にすることが稼ぐため近道
つまり科学的にも立証されている有効な
本当の意味での稼ぎ方になります。

楽に稼げるなんてものは存在しません。

働いてこそ稼げるのです。
稼げている人が今どれだけ楽をして稼げていたとしても、
それは『今』という人生の一部分でしかありません。

そういう人は
過去にめちゃくちゃ頑張った経験や
収入が入ってこなくても忍耐強く続けることをやってきて、

今のあなたが見ている『稼げている人』になっているのです。

苦労は目に見えないところにあるものなのです。

楽をして稼ごうなんてことはやめましょう。

楽に稼げるものは
うまくいっていても長続きはしない

ようなものばかりです。

楽して稼げるものを探すことに時間を使うくらいであれば、

自己投資(読書・勉強・経験)
などに時間を使いましょう。

それが稼げるようになる秘訣です。

本当に『稼ぐ』必要はあるのか?

f:id:chishikinohiroba:20180701185716j:plain
ここまできて改めて考え直して欲しいのが、

『本当に稼ぐ必要があるのか?』

ということです。

たしかにお金はあればあっただけ嬉しいとは
思います。

お金に縛られる生活なんて誰も望んではいないはずです。

しかし、
『稼ぐ』ということは思っている以上に大変で今立派に経営をされていて華やかそうに見える人々も相当な苦労をされていますし、
(本人が苦労をしたとは思っていないとしても)
実際、泥臭い世界ではあります。

それを乗り越えた先に
本当に稼げて
人間としても讃えられるべき人間になる

つまり一般的に

『成功者』

と呼ばれる人間になれるわけです。

そこまで苦労をしてでも稼ぎたいと思える人は

自分のビジョンを決めて
まずは一歩を踏み出してみる

これが大切です。


そして、『稼ぐ』ということからは少しずれますが、

今ある幸せ、今あなたが持っているものを
再確認することも大切です。

今のあなたの人生はあなたが選択して選んできた人生です。

そして、人間は皆自分が生きやすい環境を作ろうとします。
それ自体は当たり前のことで、
誰もがその時の自分にとってベストなものを選択します。

多少の外的要因はあるものの、
今の自分を作っているのは
過去のあなたそして今のあなたです。

つまり、あなたの周りには
あなたの望んでいるものが1つは必ずあるのです。

それが何なのかは、あなたしかわかりません。

なので、今のあなたに欲しいものはあなたの周りにあるはずなのです。

そのありがたみを今一度考えてみてください。

その中にあなたが稼ぎたいと思う理由も隠されています。

この辺の詳しい話はまた別の機会に話します。

今ある幸せ、あなたが持っているものを
ぜひ再確認してみてください。

どうやって『稼ぎたい』のか?

f:id:chishikinohiroba:20180723055810j:plain
稼ぐという意思があるあなた。

どうやって稼ぎたいのか?

それを深く考えてみてください。

・人を騙してでも稼ぐ

人を騙してでも稼ぎたいと思う人もいるでしょう。
それは個人の自由なので、否定はしません。
人を騙してでも稼ぎたい人はそれで稼ぐのもいいでしょう。

ただ、
良心が痛むこと
価値のないものを
価値があるようブランディングして売ること
であるため、

思っているより
難しい商売であることは覚悟してください。

・自分の好きなことを極めてそれで稼ぐ

これもいいと思います。

ニーズがあるかどうかは別として稼げる方法はあるはずです。

例えるなら、
ゲームをやって稼ぐなんてことは想像できませんでしたよね?

それが今ではYouTubeでのゲーム実況で稼ぐこともできますし、
新作ゲームのバグがないかどうか
テスト的な意味合いを兼ねてゲームをやることで稼ぐという手段もあります。

好きなことで稼ぐということも
インターネットが普及した今だからこそできることなのです。

・世の中のニーズに合わせて稼ぐ

これが1番稼ぎやすい方法かもしれません。
社会問題あるいは個人の問題を解決するもので稼いでいく。

今は便利な時代でほぼなんでもある
イデアが出尽くした感のある状態ではあるためなかなかビジネスとして構築していくのは
難しいです。

しかし、問題解決はニーズがあるため
うまく軌道に乗ればたくさん稼げるチャンスも眠っています。

どんなことで稼ぐのもありです。
些細なことでも稼ぐことはできます。
その中でどのような選択をするかは自分自身に問いかけて決めてみてください。

稼いだ先にあるあなたの未来は?

f:id:chishikinohiroba:20180703191935j:plain
これが1番大切なのかもしれません。

未来の自分はどうありたいのか?
その上で、必要なものを手に入れるために稼ぐ

あなたの今ある幸せにプラスで何が欲しいのか

モノなのかお金なのか地位や名誉なのか。
それとも身の回りの人(友達・家族・恋人)なのか…

稼いだ先の未来を考えて

今、稼ぐということを考えてみてください。